歯周病とは一体どの様な病気なのでしょうか?
歯周病は歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。主な原因がプラーク(歯垢)、歯石です。成人の8割の人が歯周病に罹っていると言われ、生活習慣病の一つとして捉えられています。歯周病は、自覚症状がないため、発見が遅れることが多く、気付いたら手遅れになる怖い病気なのです。

歯周病の治療は進行具合によって、歯石をとる治療と、悪くなった歯茎、溶けた骨を改善する治療に分けられます。そして、治療が一段落しても家庭でのケア(歯磨き等)と、歯科医院での継続的な治療、その両方が必要であると考えられています。

歯周病治療の流れ
STEP1 諸検査
レントゲン撮影、歯みがきの検査を行い、骨破壊の状態、歯周ポケットの深さ、炎症の有無、プラークコントロールが出来ているかどうかの検査をします。

STEP2 治療計画
検査をもとにこれからの治療計画をご説明します。何でもご相談ください。

STEP3 スケーリング
歯についた歯石を「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取り除きます。
歯石の付着度合いにより異なりますが、数回に分けて行います。

STEP4 歯周ポケットと出血の検査
歯周病の炎症が落ち着いた状態で再度検査を行います。歯周病が進行している場合は、適切な処置を行います。
歯科器具
STEP5 歯周外科
歯周病が進行している場合は歯周外科処置も行います。
ハンドピース
STEP6 定期健診
お口のチェック、PMTCを行い、歯石や歯垢がある場合には、これらを取り除きます。
歯石や歯垢は、一度きれいにしても、再びついてくるものなので定期的なお掃除が必要です。人によって異なりますが、1~6ヶ月に一度、定期健診を受けることをお勧めします。
[対象者]歯と歯の間をうまく磨けない方、舌側、奥歯の裏側等に磨き残しのある方。
歯周病は発生しやすい病気です。治療終了後も定期健診などの定期的なケアがとても大切です。
2017/12/15(金) 17:35 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
歯周病は、「サイレント・アーミー」~沈黙の病気~とも呼ばれるように、痛みなどの自覚症状が出にくく、それが災いして予防を怠りがちになったり、進行が進んでしまうことがあります。また、歯周病は放置しておくと身体全身に影響を及ぼすことが近年の研究で明らかになってきました。歯周病は、どのような病気かというと、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯の歯周病原菌となるいろいろな細菌が、 歯周ポケットの中で異常増殖すると歯肉がはれ、 歯槽骨の破壊を起こさせるのです。そして、歯肉のところで慢性炎症が起こり、それが糖尿病や心臓病にかかりやすくなったり、それらを悪化させます。もっとわかりやすく説明すると歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していくのです。また、「歯周病は歯を失う最大原因」なのです。
エアスケーラー
歯磨きをすると血が出る
出血の原因は、歯垢(プラーク)です。歯ぐきが炎症を起こしているので、悪化する前に汚れを取り除きましょう。まずは、染め出しを行ない磨けていないポイントをお調べいたします。歯磨きのコツをご指導させていただいた後、専門的なクリーニングを行わせていただきます。

歯ぐきが痩せている
誤った歯の磨き方などにより、歯石が溜まり歯槽骨が溶けてしまっています。 ブラッシング指導とプロフェッショナルケアをしましょう。歯ぐきが痩せているは、歯を支える歯槽骨が溶けてしまっていることが原因です。 誤った歯の磨き方を続けると、徐々にお口の中に歯石が溜まってしまいます。 この歯石により歯周病菌が発生し、歯槽骨を溶かしてしまうのです。

口臭が気になる
臭いは、お口に付着した歯石が主な原因です。スケーリングでしっかり取り除きましょう。
臭いの原因を、まずはしっかりとチェックしましょう。歯磨きの仕方だけでなく、日々の生活習慣に原因がある可能性もございます。 原因が分かった後は、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、口臭の原因である歯垢を除去します。 歯に汚れが溜まらないよう、定期的にご来院ください。

歯がぐらぐらする
歯を抜かないで済むよう、早急に治療しましょう。まずは、頑固にこびりついている歯石を丁寧に取り除きます。進行状況に合わせて、外科治療も視野にいれながら治療を進めていきます。
歯の模型
早めの診療
歯周病は、初期のうちなら完治することができます。かなり悪化していても、現在は治療法の進歩で適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくて済むケースが多くなってきました。少しでも上記で述べたような自覚症状があれば、痛みがなくても積極的に診察を受けて下さい。
2017/12/15(金) 16:04 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
歯に付着した歯垢や歯石内で歯周病菌が繁殖します.なんと成人の8割が予備軍とも言われ、さらに日本人が歯を失う原因の第一位でもあります。 しかし、初期段階では自覚症状が感じられないため治療が遅れてしまうケースが多々あるのです。歯茎から出血がみられる頃にはすでに重症化している場合もあり、 最悪の場合は歯がグラグラしたり、抜け落ちたりしてしまいます。

歯周病の原因とは
歯に付着した歯垢や歯石内で歯周病菌が繁殖します。これが原因で、 歯茎が慢性的な炎症に陥り、その後徐々に歯茎はもちろん、顎の骨を溶かしていってしまいます。

歯周精密検査
歯周ポケットの深さ、歯肉出血の状態、歯の動揺度、プラークの付着度など、現在の病状を把握するため、レントゲンや口腔内の写真、模型、歯周組織検査、細菌検査などを行います。

歯周基本治療
精密検査の結果をもとに、可能な限りプラークを口腔内から取り除きます。この処置の基本は、ご自身での清掃になります。歯ブラシや歯間ブラシ、フロスの使い方をご説明させていただきます。セルフケアでは対処しきれない歯ぐきの中の歯の根に付着したプラークを、トレーニングを受けた歯科衛生士が除去、歯周病の治癒を促します。
口腔内カメラ
積極的歯周治療
歯周病が進行すると、基本治療のみでプラークを除去できないことがあります。また、除去できたとしても再度プラークが形成されやすい環境が残る場合があります。
この様なときには、積極的にそれらの問題を解決するため、外科処置が必要となることがあります。
マイクロモーター
メインテナンス
歯周病は完治することはありません。しかし、部分的な再生療法や、適切なプラグラムのもとで現状を維持していくことは可能です。ブラッシングが上手い人でも2~3割の磨き残しがあると言われてます。定期的に専門医によるメインテナンスをおうけいただくことで、より安定した状態を維持することができます。
2017/12/13(水) 17:22 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
日本における歯周病の有病率は20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、60歳代は約9割に達しており、歯を失う原因の第1位となっています。歯周病は虫歯と異なり、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気付いた時にはかなり進行していて、抜歯しなければいけないということもあります。
歯科レントゲン
歯周病は完治することはありません。また、歯周病は口内だけではなく、糖尿病や心臓病などの全身疾患や、早産・低体重児との関連性も数多く報告されています。生活習慣を改善し、歯周病菌や歯石の除去を定期的に行い、歯周病予防だけでなく全身の健康を守っていきましょう。

歯周病セルフチェック
歯ブラシをしてゆすいだときに、少し血が混じっている。こんな経験をされた方は、意外と多いのではないでしょうか? 歯周病は「Silent disease(静なる病気)」といわれ、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。歯周病とは無縁と思っている方も油断禁物。以下の歯周病チェックをしてみください。
マイクロモーター
朝起きたとき、口の中がネバついている
歯を磨くと歯ぐきから血が出る
歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
口臭が気になる
硬いものを噛むと痛い
歯ぐきが腫れ赤紫色になっている
歯が長くなったように見える
歯を押すとグラグラと動く

ブラッシング指導・プラークコントロール
患者様の歯にどの程度歯垢が付着しているかをチェックします。
現状を把握し,症状に合ったプラーク・コントロール法、つまり歯垢・細菌量の減らし方を指導します。
お口の中の細菌を病気が起きないレベルまで減少させることが目的です。
スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーリング
スケーラーと呼ばれる専用器具を用いて、歯の表面に付いた歯石を取り除きます。

SRP
歯周病が進行すると歯周ポケットに歯石がたまります。
通常のスケーリングでは取りきれなかった歯茎の中に埋まっている歯石を取り除きます。
2017/12/13(水) 16:11 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
歯周病とは放っておくと歯を失ってしまう、歯ぐきと歯を支える骨の病気です。みなさんは、歯周病についてどの程度の知識をお持ちでしょうか? 歯周病は見えないし、身体にも影響はないなどと、軽く考えている方はいませんか? こちらでは、歯周病の怖さについてご紹介したいと思います。 歯周病は歯茎の病気の総称で、大別すると、歯肉炎と歯周炎があります。
口腔内カメラ
両者は別の疾患ではなく、まず歯肉炎になり、それが悪化すると歯周炎となります。 歯周病になると、歯茎やその周辺の組織が細菌によって炎症を起こし、悪化することで、すべての歯が抜けます。 以前では、老化現象でしかたがないと思われていました。 実はそれが、歯周病の大きな原因だということがわかってきたのです。

歯周病が招く全身の病気
歯周病の恐ろしさは、口の中の病気だけにとどまらず、 糖尿病・心臓血管疾患・骨粗しょう症・肺炎・感染性心内膜炎などにも影響を及ぼすことが分かってきました。  特 に、糖尿病は、歯周病の原因にもなっているので、また歯周病も糖尿病の原因とされています。放置すると悪循環になってしまうこともあり、注意が最も必要です。 

歯周病のリスクが高い方の特徴
歯周病はお口の問題だけではありません。喫煙やストレス、さらには不規則な生活などとも深い関わりを持っています。歯周病とは生活習慣病であるとも言えるでしょう。以下に当てはまる人は、歯周病のリスクを抱えている可能性が高いのでご注意ください。

疲労・ストレスの蓄積

体の免疫力が疲労・ストレスによって低下すると、それだけで歯周病のリスクは高まります。
歯科商材
喫煙習慣がある
喫煙をすることで、口の中の粘膜や歯肉へタバコの煙に含まれる有害物質が吸収され、歯周病のリスクが高まります。

食事中によく咬んでいない
咀嚼(そしゃく)をしっかり行わないと唾液の分泌が少なくなり、口腔内の細菌が繁殖しやすくなります。

間食の回数が多い
お菓子などの甘いものをだらだら食べていると、口腔内に糖分が長時間滞留してしまい、それを栄養源に細菌が歯垢を作ります。
2017/12/12(火) 17:00 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
「歯茎から血が出る」「口臭が気になる」といった症状はありませんか?血が出たのは、力を入れてブラッシングをしたからではなく、口臭がきつくなっているのは、食べ物の種類とは関係なく、『歯周病』かもしれません。物があふれる豊かな日本は、世界でも有数の「歯周病大国」と言われており、30代の約80%が歯周病であると言われています。
歯周病と聞いても多くの方は「歯茎が腫れる程度」だと軽く考えているようですが、それは大きな間違いです。
ハンドピース
そもそも歯周病は歯周細菌が歯茎の中に侵入することで発生します。つまり、歯茎だけでなくさらに進行すれば歯槽骨(あごの骨)という、歯を支える土台にまで炎症が広がります。 こうなると歯を支えること自体が困難となり、歯が抜けることもあります。歯周病を予防するには、早期発見・早期治療が欠かせません。少しでもお口に違和感がある方は一度ご来院ください

糖尿病との関係
実は歯周病と関連が大きい症状は「糖尿病」です。
糖尿病は体の免疫力が下がるので、様々な病原菌が増殖しやすくなります。これは口内における歯周病菌も例外ではありません。この場合は糖尿病もしっかり治療しなければ、免疫力が低いので、歯周病も治りにくくなるのです。

タバコとの関係
タバコを吸うと肺が汚れることは有名ですが、その中にある「ニコチン」という成分は血流を悪くする特徴を持っていることはご存知ですか?そのため、歯茎や周辺組織に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなり、歯茎や周辺組織は弱まってしまうのです。 こうなることで歯周病菌に対抗する力も失ってしまいます。

歯周病の治療方法
歯肉炎の段階であれば、歯医者でのプラーク・歯石除去で炎症はほぼ治すことができます。しかし、本当に治すためには治療後に、毎日の生活の中で正しい歯磨きを続け、プラーク・コントロールを実践することが必要です。プラークを除去しきる為のブラッシング方法は、自分の歯の形や特徴に合わせて歯科医師、歯科衛生士にご相談ください。
歯周園に進行している場合には、プラーク、歯石除去を行った上で十分な改善が認められない場合には、状態に応じた歯周外科治療を行います。
歯周病は治せる病気
以上のように、歯周病には
(1)静かに進行する病気
(2)社会的な病気
(3)自分で予防できる病気
という特徴があります。
食生活の変化、高齢化の進行に伴って、歯周病割合は年々増加していますが、歯周病の原因と対処法も明らかになってきています。その為には、歯肉炎にまで進行するまでに早期発見が重要となります。
口腔内カメラ
2017/12/11(月) 17:45 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)