歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。

また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
抜歯 器具
歯肉炎
歯周病の初期症状である歯肉炎です。歯茎が腫れただけの状態です。炎症は歯肉にとどまり、骨やその周囲組織(歯根膜・セメント質)にはまだ問題が起きていない状態です。

軽度の歯周病
歯肉が少し腫れた状態となり、歯みがきの時に出血したりします。骨が少し溶け始めますが、痛みがあまりないため気づきにくい状態です。

中度の歯周病
歯肉の腫れ・出血など歯茎の炎症がさらに悪化し、あごの骨が半分近くまで溶けています。歯と歯肉の境目にはプラークや歯石が目立ちます。歯を支えている骨が減っているため、指や舌で歯を押すとグラグラします。

重度の歯周病
歯を支える骨は3分の2程度失われて、歯はぐらぐらして硬いものを噛むことができなくなります。 あごの骨の大部分が溶けて歯が支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまいます。
マイクロスコープ 歯科
基本治療
この療法は、ほとんどの歯周病に対する基本的な治療法です。ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います。スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を取り除くことです。ルートプレーニングは根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層をきれいにすることです。このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2mm~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。 

歯周外科治療
基本治療でポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングでは除去できない状態や、歯周病の状態の進行が進んでしまった状態に対しては外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。また特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行うことも可能です。 手術を行いポケットが改善されればメインテナンスに移行します。
2018/08/16(木) 11:42 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
虫歯や歯周病の予防にはお口のメインテナンスが非常に重要です
歯周病の原因は「歯垢(プラーク)」です。歯や歯ぐきの周りにベタベタとついている白いものです。「歯垢」とは、バイキンの塊のことで、虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、プラーク1㎎のなかに1億個の微生物がいるといわれております。 このようなフィルム状の細菌の集合体を「バイオフィルム」と呼んでいます。 
バイオフィルムは、ネバネバした分泌物で守られているため、抗生物質や殺菌剤なども効きにくくなります。そのため、バイオフィルムの中の歯周病細菌が活発になると歯周病が発症したり悪化したりします。
エアーモーター
歯周病の治療
歯周治療を希望して来院される患者さんの多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。 治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。 また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、私たち歯科医院では歯周病が進行していると思われる患者さんには、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

虫歯や歯周病の予防にはお口のメインテナンスが非常に重要です。 実際にアメリカや北欧では政府のバックアップなどによる医療制度が後ろ盾となって、中産階級の90%の人たち(北欧の子供達は100%)が定期的なメインテナンスを受けて歯を失うことがほとんどないという大きな成果が出ています。

また日本国内で比べてみても、歯の健康維持・虫歯や歯周病の予防のためのメインテナンスを受けるために定期的に歯科受診している人と、痛い時・何かトラブルがあった時のみ治療を受けている人とでは、生涯を通して見た時の歯の本数に大きく差があることがわかります。
歯科 通販
定期検診で改善状況・健康維持を確認
むらまつ歯科クリニックでは長期的な健康管理をサポートするために、患者様のお口の中の様々な資料を保管しています。治療終了時や定期検診時など、節目毎の検査によって出る結果と比較することで口腔内の改善度を把握できます。改善度が目標に達すれば3ヶ月に一度の定期検診に移行し、その後はしっかりとその健康状態が維持できているかをチェックしていきます。
2018/08/14(火) 12:15 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
予防歯科という言葉をご存知でしたか?今まで、歯科医院と言えば『痛い』『怖い』というイメージをもたれていると思います。
しかし、いまではずいぶん変わってきています。歯を削る時も、麻酔の技術が向上し、痛みのない治療ができるようになっています。そして大切なことは、虫歯になってから治療するのではなく、虫歯になる前に歯を予防するということです。虫歯になってから、歯を削るとご自身の健康な歯がどんどん少なくなってきますし、費用もかかります。予防を大切にすれば、ご自身の歯は健康なままですし、費用もそれほどかかりません。予防歯科は、健康な歯を長持ちさせることができるのです。
コントラ 歯科
予防歯科を促進し、QOLの向上を目指します
お口の健康を通して、患者さまの全身の健康を守るために―。当院では予防歯科に力を注いでいます。「PMTC」と呼ばれる歯のクリーニングや、歯そのものを強くする「フッ素塗布」に加え、「唾液検査」による虫歯菌のチェックも実施しております。

唾液検査は、お口の中にどれだけの虫歯菌があるのかを調べる検査です。検査の結果、お口に潜む菌が多いと判明した場合には、生活習慣の改善や効果的な歯磨き方法などについてのアドバイスを実施。日々の生活の中からお口の環境を維持していただくための方法をご提案しています。尚、虫歯の本数や歯周病の進行状況といった患者さまのお口の状態に合わせて、当院では3ヵ月~半年程度の間隔で定期健診のお知らせを行っております。
超音波スケーラー
予防によるメリットにはさまざまなものがあります。虫歯や歯周病による痛みを経験せずに済むのはもちろんのこと、お口の健康を守ることで将来の治療費を抑えることができるという利点も。お口の健康を守ることは、日々の生活を快適に送ることにも繋がっています。ひいてはそれは、患者さま自身の「QOL(生活の質)」の向上にも繋がっていくと言えるでしょう。

PMTCとは、日常の歯みがきだけではどうしても落ちない歯の汚れを、歯科の専用の器具によって徹底的にクリーニングするもの。やさしい刺激で、歯周ポケット内の歯根の部分まできれいにみがき上げることが可能です。

PMTCがおすすめな方は?
ご自身の歯みがきに加え、きちんとした予防処置をしたい方
歯周病の治療が終わった方
矯正治療中の方

PMTCのメリットは?
虫歯、歯周病の予防に効果的
歯の質が強くなる
歯の輝きが増し、美しくなる
お口の中がすっきりし、リフレッシュする
2018/08/13(月) 11:46 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
原因は何?
お口の中にはおよそ400種類の細菌が住んでいます。 これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、 砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。 これを歯垢と言います。 歯垢は粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。この歯垢の中の細菌が歯肉に炎症をひき起こしやがては歯を支えている骨を溶かすのです。さらに、歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。 これはもはやブラッシングなどでは取り除くことはできません。
ハンドピース
【C1】
歯の表面はエナメル質で覆われており、 虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。
【C2】
エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。
【C3】
象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。
【C4】
虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。
エアーモーター
定期健診で虫歯の進行を防ぐ!
前述のように初期虫歯は見た目での判断がむずかしく、一般の方に見分けることはほとんど不可能です。しかし、それに気づかないまま放っておくと、悪化してしまう可能性があります。その点、定期検診を受けていれば初期虫歯が早期発見でき、正しい歯磨きの実施やフッ素の塗布だけで治るケースも多いです。虫歯を放置すると激痛が生じますし、それだけ治療に時間や費用がかかったり、最悪の場合は歯を失ってしまったりもします。それを防ぐには、定期検診が非常に重要なのです。
2018/08/11(土) 12:19 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
歯周病治療の流れ
STEP1 初期検査
綿密な検査を行い歯周病の原因を調べます。
レントゲン撮影や歯周ポケットの深さを、日頃から行っているブラッシング方法で磨いてもらい、間違ったブラッシング方法で磨いていないかを調べます。
ハンドピース
STEP2 初期治療
歯の汚れ(歯石も)を取り除きながら、歯ぐきの改善を目指します。
その際、歯ぐきに出来るだけ負担のかからない方法を選択します。
歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていない事が原因です。

STEP3 再評価
歯周病の治り具合をチェックします。
歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

STEP4 外科治療(必要に応じて)
治療によって治らない場合、外科手術を行います。
歯肉を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去します。

STEP5 定期検診
全ての歯周病治療が終了した後は、長期的な健康維持のために3~4ヶ月毎の定期検診にきて頂きます。
歯石が溜まってしまえば、また歯周病になってしまう可能性がありますので、定期検診の度に歯の磨き方をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。

むし歯の原因はバイオフィルム
歯間や歯と歯茎の境目には、歯ブラシでは落とすことの難しい細かな汚れが残っています。
このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。
バイオフィルムには、バイ菌が住みつき、放っておくとむし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となってしまいます。
バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。
口腔内カメラ
プロによる徹底的なクリーニング「PMTC」
PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングの事です。
毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かない箇所ができてしまうため、磨き残しが出てしまいます。PMTCを行う事で、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保つことができます。
2018/08/10(金) 17:01 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
歯が少なくなることによって、次のような悪影響も考えられます。
胃腸への負担が増える
私たち人間は、歯で食べ物を細かく砕いてから飲み込むことで、正しく効率的に栄養を摂取できています。しかし歯が少なくなると噛む力が弱り、食べ物を丸飲みしがちになり、胃腸への負担が増えてしまいます。歯の本数が少ないと胃腸が弱くなりやすいと言われるのはこのためです。
マイクロモーター
見た目の印象が変わる
笑ったときに歯並びがキレイな人は、周囲の人に好印象を与えます。逆に歯並びが悪かったり、歯がない部分があったり、歯が黄ばんでいると、それだけでイメージダウンになってしまうことも。口の周りの筋肉が衰えると顔にしわが増え、老けてみられがちにもなります。また、片側の歯を失ってそのままにしておくと、やがて顔の形が左右アンバランスになってしまうため、早めに補綴(ほてつ)治療(インプラントや入れ歯、ブリッジなどで失った歯の機能を補う治療)を受けることが大切です。

力を入れることができなくなる
スポーツ選手は、虫歯になると調子が悪くなるそうです。ここぞという場面で歯を食いしばれず、力を発揮できなくなるからです。スポーツに限らず、私たちが重いものを持ち上げたり、全力で走ったりするときには奥歯を噛みしめています。歯を失くすと噛みしめることができなくなり、運動機能も低下しがちです。ちょっとした段差でつまずいたり、人混みで人にぶつかりやすくなったり、怪我のリスクも増えてしまいます。

認知症の発症リスクが高まる
認知症と歯が関係していると言われても、すぐにはその両者が結びつかないかもしれません。しかし最近の調査では、「認知症の高齢者は健康な高齢者よりも歯が平均5本少ない」というデータが明らかになっています。歯の本数が減ると噛む回数が少なくなり、脳への刺激も減ります。脳細胞が減少することで認知症が進行するのではないかと考えられています。認知症の予防のためにも、しっかりと噛める状態を取り戻すことが大切です。「加齢とともに歯がなくなるのは仕方がない」とあきらめに、インプラントという選択肢をお考えになってはいかがでしょうか。ご高齢の方でもインプラント治療を受けていただくことが可能です。
エアーモーター
1・歯肉炎
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れます。歯磨きや食事の際に出血することもあります。
2・歯周炎
歯と歯肉の間が広くなり隙間になり、出血したり膿が出ます。口臭が起こる場合があります。
3・歯槽骨の破壊
歯と歯肉の間の歯周ポケットが炎症し、歯槽骨が少しずつ溶けてきます。歯が多少ぐらついてきます。
4・歯が抜ける
歯槽骨が溶けてしまうことで、歯を支えられなくなり根元が見えてきます。後に歯が抜けてしまいます。
2018/08/09(木) 15:12 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)