歯のまわりの組織には歯を支えている顎の骨(歯槽骨:しそうこつ)や歯と骨をつなぐ「歯根膜(しこんまく)」、そして「結合組織」や「角化歯肉」などたくさんの組織があります。これらの部位が感染を起こしてしまうのが歯周病です。お口の中には300~500種類の細菌が存在しますが、その中の3種類が歯周病との関連が深く、ほかの25種類ほどの細菌とともに感染症を引き起こします。
ハンドピース 歯科
進行の早い特殊な歯周病を除いて、一般的に歯周病は数年かけて進行します。初期段階にはあまり自覚症状がなく、徐々に歯ぐきの腫れや出血などの症状が出てくるため最初は見過ごされることが多い病気です。そのため、歯がグラつきはじめても「加齢」と錯覚されてしまうことがあります。

歯周病は、お口の中の「静かな火傷」と称されることがあります。火傷を起こすとさまざまな反応を起こして炎症が起き、傷が治っていきますが、炎症状態が長引くと、「治る見込みがない」と判断され、感染部位を切り離して体外に出そうとするのです。歯周病の場合、歯の根の周囲に細菌が付着した状態が続くと、「治る見込みがない」と判断され、歯を支えている顎の骨が溶かされていき、歯とまわりの組織を身体から切り離そうとします。その結果、歯が抜けてしまうのです。

歯周病治療は徹底した歯石の除去から
歯周病の治療は、歯石が歯周ポケットに入り込んでいくことで進行するため、歯石の除去と破壊された歯周組織片の除去を基本的に行います。また、歯ブラシとデンタルフロスを使って、お口をキレイにケアする方法をお教えしますので、日頃からその方法でお手入れを行っていただきます。治療は以下のようになります。

初期歯周病治療
歯周ポケット奥深くの歯石をスケーラーで除去し、ざらざらな歯根面を磨き、滑らかになるように仕上げます。こうすることで、歯垢や細菌が付きにくくなります。何度かこの治療を定期的に繰り返します。
高圧蒸気滅菌器
歯周病は早期発見が重要です。
少しでも早く気づくことができれば、歯周病は治る可能性は高まります。歯周病は気づきにくい病気だからこそ、気がついたときにはかなり進行している場合が多いです。定期的に歯医者に通う習慣をつけ、歯周病を早期発見し、治すことに専念しましょう。
2018/05/25(金) 16:07 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
歯医者に通う理由の多くは、歯が痛む、歯が抜けてしまったといった、症状が出てしまいそれを改善するために通うという方が多いのではないでしょうか。もちろん、当院でも、虫歯の患者さんがご来院したらその虫歯を治療します。歯が抜けてなくなってしまったのなら、一人一人に合った入れ歯やインプラントを提案し、再びおいしくお食事していただけるようにいたします。ただ、こうした病気になる前に事前に病気の原因を消していく、積極的な考え方をしていくということが予防歯科なのです。虫歯の治療のために歯を削ったり、抜けてしまった歯は元に戻ることはありません。ご自身の歯を守るため、お口の中から健康になるために定期的に検査を受けていただきたいと考えております。
歯科ハンドピース
【スケーリング】毎日のお手入れでは落とし切れない汚れを除去
歯の表面に付着した汚れや歯石は、毎日歯磨きをしていても落とし切れません。かえって自分で取り除こうとすると、歯や歯肉を痛めるだけ。こうした汚れをきれいに除去してくれるのがスケーリングです。
ただし、スケーリングの効果は持続性がありません。時間が経てば汚れが再び付着しますので、定期的に受けることをおすすめします。

【PMTC】プロによる本格的な歯のクリーニング
施術中の痛みがありません
歯茎が引き締まり、歯周病予防になる
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯医者さんで行う本格的な歯のクリーニングです。専用器具を使って、歯の表面に付着している汚れや食べカスをていねいに取り除いていきます。
施術後は歯茎が引き締まり、歯周病を予防してくれます。また、口臭予防の効果もありますので、エステ感覚で定期的に利用される患者さまも多数いらっしゃいます。
オートクレープ
歯周病を予防するためには、日常の歯みがきが最も重要です。漫然と歯を磨くだけでは十分とは言えません。当院では、歯石除去などのあとに患者さんに歯みがき指導を行っています。患者さんの年齢、全身疾患、歯ぐきの状態などを観察しながら、歯ブラシの硬さや形、歯みがき粉の種類、歯間ブラシなどの歯科用グッズをご紹介し、それらを正しく使っていただき、効果的な歯みがきができるようにアドバイスや提案を行っています。スーパーやドラッグストアで販売されている歯ブラシやグッズを選ぶ際にも、患者さんご自身の状態に合ったものを選んでいただきたいと思います。大切な歯を失わないために、歯の予防習慣を始めてみませんか。
2018/05/24(木) 11:42 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
歯周病は初期段階のうちはほとんど自覚症状がなく、気づかないうちにどんどん進行します。そして、気づいたときにはかなり進行してしまっているというケースも少なくないのです。放っておくと歯を支えている歯周組織が溶かされてしまい、健康な歯が抜け落ちてしまうこともあります。

そういった事態を回避するには、早期発見・早期治療に努めることが大切です。日本の成人男女の約8割は、歯周病罹患者もしくはその予備軍であるといわれています。つまり、決して他人事ではないということ。「自分はまだ大丈夫」と思わず、「自分も気をつけなきゃ」と考え、ご自宅でのプラークコントロールや歯医者での予防に努めましょう。
スリーウェイシリンジ
喫煙する
タバコの煙に含まれる有害物質が口の中の粘膜から吸収されることにより、歯周病のリスクを高めます。喫煙習慣がある人はそうでない人に比べて約4倍歯周病になりやすいという報告もあります。

間食が多い
間食が多いと歯周病菌の栄養分である糖分が長時間口の中にある状態になるので、細菌が増殖しやすい環境をつくってしまうことになります。

よく噛まずに食べる
よく噛まないで食べると、口腔内の細菌を洗い流す効果がある唾液が十分に分泌されないので、細菌が増殖しやすくなります。

ストレスをためている
ストレスや疲労をためることにより免疫力が低下し、歯周病を含むあらゆる感染症にかかりやすくなります。

スケーリング
歯周ポケットがそれほど深くない、比較的軽度の歯周病の治療法です。「スケーラー」という器具を使い、毎日のブラッシングではなかなか落とせないプラークや歯石を取り除きます。
超音波スケーラー 家庭用
SRP(スケーリング&ルートプルーニング)
比較的軽度の歯周病に対して行う治療法です。スケーリングでも落としきれない歯ぐきの深い部分に付着するプラークや歯石を、「キュレット」という器具を使って除去します。
2018/05/22(火) 16:07 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
「歯が痛くないのに歯医者に行くなんて……」とお考えの方も多いかもしれませんが、治療を何度も繰り返している歯と、治療を受けていない健康な歯とでは寿命が違ってきます。最先端の治療を受けて治ったとしても、一度治療を受けた歯はダメージを受けているため、本物の歯よりも長持ちしないのです。だからこそ、「歯が痛む前に予防処置を受けること」はとても大切なことであり、実際に最近では、予防を目的として歯科医院に通うスタイルが一般的になりつつあります。

歯科の予防と生涯医療費
定期的に歯科の予防・メンテナンスを受けている人は、すべての病気に掛かる総医療費を抑制できる傾向にあります。前述のように歯が悪いと様々な全身の健康状態に影響を及ぼします。そのため、お口の健康を保つことは全身疾患の発症を予防し、結果として全体の医療費が下がり、歯科の費用を含めた生涯医療費が平均よりも低くなるのです。できるだけ若い時から継続的予防管理を行うことが望ましいですが、遅すぎるということはありません。「なんでもおいしく食べられる」という、とても身近な幸福は、健康な口腔があってこそ実現できることです。
歯科 光照射器
まゆみ歯科では、皆様のQuality Of Life(生活の質) の向上・健やかで明るい生活の一助になりたいと考え、生涯にわたる健康の維持・増進を目指しています。そのような考えから、まゆみ歯科では充実した予防処置を受けていただくために、予防メニューをご案内しております。将来的に起こりうることを予測し、歯を守るための施術を行いますので、ぜひご検討ください。

虫歯予防・歯周病予防は歯科医院に任せっきりではございません。
食後の歯ブラシをまったくしない、常にお口の中に食べ物が入っているような、食べかすがたくさん残った状態では、いくら上記のような専門的器具や予防に優れた特殊薬剤を使用した予防メニューを行なっても、何の予防効果も得られません。また、予防方法は全ての方が同じ方法ではございません。

個々に合った予防法がございますので、他の方と同じ予防法を行なっても、同じ効果が得られるとは限りません。処置歯数が何歯あるのか、初めて虫歯になったのか、あるいは再発の虫歯なのか、虫歯は大きいのか小さいのか、歯周病は軽度なのか重度なのか等々で、それぞれ持ち合わせている細菌の種類も数も違います。さらに、年齢や、基礎疾患の有無等によっても、予防法は異なります。
歯科 スリーウェイシリンジ
個々に合った予防法を見つけ出すために、そのようなことを診療しながら注意深く観察し、皆様に過去の治療歴を細かくお伺いし、過去に受けた治療痕から様々なお口の中の情報を読み取り、治療の反応性を見ながら継続的に管理しております。したがいまして、予防の重要性をご理解いただくために、まゆみ歯科では、歯科疾患の治療が終了した時点が治療終了ではなく、予防処置のご説明をお受けいただいた時点を治療終了と考えております。そのためにも、どうぞ、治療終了の予防処置のご説明に至るまで、ご通院ください。
2018/05/21(月) 16:35 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
過去の歯科治療はむし歯などの悪いところを治すことに重点を置いていましたが、現在では「きれいな歯でありたい」という患者さまのニーズが増え、審美的治療のメニューも発達しました。

最近ではモデルや著名人の方のほか、一般の人たちにも身近な治療になりつつあります。
歯が美しくなることで、笑顔に自信を持てて、人前でも積極的に笑えるようになります。また、「この大切な歯を守りたい」と日ごろのメインテナンスにも意欲的になり、むし歯や歯周病の予防にもつながります。
エアータービン
歯並びを良くすることも治療分野の一つですが、歯並びが良くなることで歯磨きがしやすくなるなどのメリットもあります。歯を美しくすることは、歯の機能を向上させて、健康な歯を守ることなのです。ひいては患者さんの豊かな人生を実現することにもつながると当院では考えています。

歯周病のメカニズム
歯周病は以下のように進行し、進行するにつれて歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)が深くなります。
歯肉炎
歯茎に軽度な炎症がみられます。ブラッシング時に出血することがありますが、痛みはありません。
軽度歯周炎
顎の骨(歯槽骨)が溶けはじめています。歯茎の腫れ・口臭・冷たい物がしみるといった自覚症状があります。
中等度歯周炎
顎の骨(歯槽骨)の半分程度が溶かされ、歯がグラグラと動揺している状態。歯茎の腫れ・口臭などの自覚症状がより強くなり、歯が浮くように感じることもあります。
重度歯周炎
顎の骨(歯槽骨)の大部分が溶け、歯の動揺が大きくなった状態。自覚症状はより強くなり、放置すると歯が抜け落ちることもあります。

スケーリング
専用の器具(スケーラー)を使用し、普段のブラッシングだけでは落としきれないプラークや歯石を除去します。
オートクレーブ
ルートプレーニング
歯茎の奥深くに付着したプラークや歯石をキュレットと呼ばれる器具で除去。さらに、歯の表面をツルツルに磨き上げ、プラークの再付着を防ぎます。
2018/05/21(月) 15:25 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
歯医者へ行くのは、おそらく何らかの症状があらわれてからではないでしょうか? 
自覚症状があらわれてから歯医者へ行った場合、高い確率でトラブルが見つかります。そして虫歯や歯周病の場合、治療のために何度も通院が必要となり、手間や時間、そして治療費もかかってしまいます。

このようになる前に受けていただきたいのが予防歯科です。歯科医療が進歩した今、虫歯・歯周病の原因が解明され、予防処置が確立されています。適切なケアと予防処置によって、虫歯や歯周病は防げるのです。予防歯科を受けるメリットは他にもたくさんありますので、ぜひ受診してお口の健康を保ちましょう。
歯科 器材 通販
虫歯や歯周病を予防できる=歯の寿命がのびる
虫歯や歯周病の早期発見・早期治療ができる
余計な時間・治療費をかけずに済む
普段のケアのアドバイスを受けられる
口の中がスッキリする

PMTCとは
PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning) とは、歯科医師・歯科衛生士などの専門家により、様々な専門の器具と研磨ペーストを使用し、全ての歯面とそのプラーク(歯垢)を除去する方法です。

歯や歯のまわりには、バイオフィルムと呼ばれる細菌層ができます。バイオフィルムは、うがいや通常のブラッシングでは、なかなか取り除けませんので、専用の機械を使って取り除くことが最も効果的な方法です。普段のブラッシングでは取れない歯石や歯についたヤニもキレイに除去でき、治療ではないので、痛みもありません。ぜひ、処置後のツルツル感を実感して下さい。

フッ素塗布
PMTCで徹底してクリーニングしたあと、最後にフッ素コーティングを行います。フッ素は、細菌の活動を抑えて歯の修復を助けたり、エナメル質を強くしたりする効果がある優れもの。これを歯に塗布することで大人、子どもの虫歯予防に役立ちます。特に、生えたばかりの永久歯に塗布することが、もっともフッ素を有効的に使用するコツ。お子さんの歯の健康にために、しっかりとケアしてあげることをおすすめします。
口腔内カメラ
最近は、フッ素入りの歯磨き粉などが発売されていますのでご家庭でも簡単に使用することができますが、より一層の強力な虫歯予防を行うためには、家庭では扱うことができない高濃度のフッ素塗布を歯医者で行うことが重要です。プロのケア「クリーニング + フッ素塗布」で徹底した虫歯予防を行いましょう。
2018/05/18(金) 16:04 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)