歯周病の特徴は、誰でも発症する可能性があることです。
とくに、むし歯にかかりにくい方ほど、水面下で進行しているケースが散見されます。何もなくとも、早々にチェックしてみてはいかがでしょうか。とりわけ完治の難しい病気ですので、早期に発見し、それ以上の進行を食い止めることが大切です。

歯周ポケットの深さなどによって「軽度・中度・重度」に分類されます。重度の症例については、歯ぐきを切開して、顎の骨に近い部分をお掃除していく必要があるでしょう。いずれにしても、早期発見と、健康管理の早期着手が望まれます。
超音波スケーラー
歯周病と歯ぎしりの関係
歯周病の症状は、かむ力によっても左右されます。歯周病によって顎の骨が弱くなってくると、歯は、より左右に揺さぶられるのです。家の基礎に例えるなら、くいの刺さった土台がひび割れてきている状態といえます。ただでさえ安定しませんし、隙間に歯周病菌が入り込む恐れもあります。
 
<ナイトガードを併用した治療方法>
歯周病が確認され、なおかつ歯ぎしりや食いしばりが顕著な場合は、睡眠するときにお口へ「ナイトガード」を着用してみましょう。模型や絵図がございますので、詳しく知りたい方は、直接おたずねください。

全身疾患と歯周病は、相互に影響を与えています。歯周病の原因は「細菌による感染症」であるため、体の抵抗力が強ければ病気の進行を食い止めることも可能です。しかし、他に病気を抱えて抵抗力が弱っていると、歯周病の進行を食い止めにくくなり、「歯周病原菌」が体内に流れることで、他の病気を引き起こすなど悪化させる原因となります。
抜歯 器具
特に、影響の大きい疾患としては糖尿病があります。糖尿病になると細菌を退治する白血球の機能が阻害されるため抵抗力が極端に落ちてしまいます。その為、歯周病にかかると短期間で重症化しやすくなります。また、歯周病巣から出る「TNF-α」が増えると血糖値のコントロールを障害する作用があり、糖尿病の経過にも悪影響を与えます。逆に歯周病が治ると血糖値が下がり、安定することもわかってきました。

他にも、心臓血管系疾患、細菌性心内膜炎、呼吸器疾患、低体重児出産などの関連性が明らかになってきており、歯周病のケアは歯の問題だけでないことがわかってきています。
この様に、静かな脅威を持ち全身を蝕む可能性のある「歯周病」ですが自分で予防でき適切な治療を受けることで治せる病気なのです。
2018/10/17(水) 15:43 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
「痛くなったら歯医者に行く。」そんな風に思っていませんか?悪くなってから治すより、悪くなる前にケアをしたほうが、痛みもなく経済的で時間もかかりません。病院や歯医者は、なんとなく怖い所・嫌な所というマイナスイメージがあるかもしれませんが、予防をするための検査や処置にもっと気軽に利用して頂きたいと思います。自分の歯で噛んで食べるのが1番です!虫歯で不快な思いをしたり、歯を失ってしまう前に歯医者にいらしてください。

歯と歯の間や奥歯には、汚れが取れにくくたまってしまいます。その汚れが固くなり歯石となると虫歯や歯周病の原因になります。やわらかい汚れ(歯垢)は自分でも落とすことができますが、固くなってしまった汚れ(歯石)は落とすことができません。固くなってしまった時はクリニックで歯石を除去するしかありません。そうなる前に定期的なクリーニングにいらして頂きたいと思います。3カ月~半年ごとに定期健診を受け、歯や歯茎の状態をチェックし、更にクリーニングをしてお口に中を綺麗にすることをオススメします。お口の環境を良く保つことで虫歯や歯周病を予防することができます。
超音波スケーラー
これからは予防の時代
これまでの歯科は、「すでに進んでしまった病気をどう治そうか」ということばかりに取り組んできました。今、そういった医療のあり方が反省期に入ろうとしています。

PMTCは予防の要
最近の研究によれば、虫歯や歯周病は、ある特定の細菌によって起こることがわかってきました。つまり、その細菌たちを口の外に追い出せば、ほとんどの歯の病気は防げるということです。
生体情報モニター
PMTCというのは歯科衛生士が、行うお口の清掃プログラムのことです。これにより歯磨きなどでは取れにくい悪い細菌を徹底的にこすり落とします。
PMTCは、歯や歯肉の清掃を専門の器具を使って丁寧に行います。

歯科の目的はヘルスプロモーション
歯科医療の究極の目的は、歯や口腔の知識をもとにして、ヘルスプロモーション(健康支援)を展開することです。感染症でもあり、生活習慣病ともいわれる歯科疾患に対して、口腔ケアを継続していくことは賢い対応であり、患者様自信にとって大きなメリットが得られることなのです。
2018/10/17(水) 15:24 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
予防歯科とは、その名の通り、むし歯や歯周病にならないために日頃から歯のメンテナンスをしっかりするという考え方です。
日本の医療制度では治療に健康保険が適用されるため、予防という考え方がこれまで医療の世界では浸透していませんでした。しかし昨今の国民医療費の増大や高齢化が進むにつれて病気(むし歯や歯周病)を未然に防ぐことの価値が見直されつつあります。健康な歯は人生を豊にする

むし歯や歯周病は治療すれば治ると考えられていますが、実際にはそうはありません。
削ったり抜いてしまった歯は元に戻りませんし、歯周病も放っておくと歯を失いかねない恐ろしい病気です。また、不健康な歯は、口臭の元になったり、歯茎から膿が出るなど、健康にも悪影響を与えます。歯科医院では、このような事が起きないよう、適切なブラッシング指導と食事指導で予防を行い、健康な歯で健康になっていただくということをコンセプトに予防歯科を行っております。
ハンドピース
予防歯科の流れ
予防歯科といってまず思い浮かぶのはブラッシングではないでしょうか?やつれて不健康な歯茎は歯周ポケットを多くし、そこに溜まった細菌や食物から歯周病が生まれやすくなります。予防歯科の第一ステップは適切なブラッシングです。正しいブラッシングをを覚えれば、歯茎を健康な状態にすることができます。健康に戻った歯は、さわやかなサーモンピンクの肌色になります。こうなると膿や口臭は消えてきます。今村歯科医院のブラッシング指導はわかりやすく、患者さん本人が自分でできるように丁寧に指導いたします。短時間で診察を終わらせなければいけない保険診療ではじっくりと患者さんのブラッシングスキルを指導することはできません。当院ならではのノウハウで、ご本人がうまくできるコツをしっかりと教えます。
歯科レントゲン
歯みがき指導
皆さま、正しい歯磨きの習慣は身についていますか?虫歯菌・歯周病菌を減らすには、毎日の歯磨き・ブラッシングが最も大切です。正しいブラッシング方法で、虫歯菌・歯周病菌のすみかになるプラークを取り除く必要があります。歯並びの悪い方、歯と歯の間にすき間のある方は、歯ブラシによるブラッシングだけですべての歯垢を取り除くことは難しいです。デンタルフロスや歯間ブラシを併用することが必要です。

歯医者では、お一人おひとりの歯・お口の中の状態に合わせた、歯の磨き方やデンタルフロスや歯科ブラシの使い方を、お教えしています。ブラッシング習慣が身についていない方、ご自身の歯の磨き方に不安のある方は、ぜひ一度ご相談ください。正しいブラッシング方法を身に付けて、虫歯や歯周病を予防しましょう。
2018/10/17(水) 12:09 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
虫歯や歯周病はその原因や進行がはっきりしており、予防できる病気です。
実際に歯科先進国の欧米諸国では、歯科医院の役割が“治療”から“予防”へと変わり、
これにより虫歯や歯周病の患者数が減少しています。治療とともに予防を重視することは、一生涯ご自分の歯を使っていく上でとても大切なことです。しかし日本ではまだまだ予防歯科は浸透していません。

日本人の多くの方が「歯医者に行くのは歯が痛くなってからでいいや」と考えているからです。しかし歯の健康を維持するには治療はもちろん予防も重視しなければいけません。そこで当院では来院される患者様の歯の健康を考えて、スウェーデン式予防システムを導入し、“治療”終了後の“予防(定期検診など)”をお勧めしています。
歯科材料 通販
「悪くならない」ための歯科受診が将来のお口に大きく関係
驚くことに、スウェーデンと日本では、こんなにも大きな差があるのです。 なぜ、このような差が生じてしまったのでしょうか。それには、歯を守る予防の考え方とそのシステムに違いがあったのです。現在の日本では、歯が痛くなったら歯医者に行き、「歯を削り、詰め物をする。状態によっては抜歯する」という対処療法が繰り返されています。その結果、50歳前後から歯を徐々に失い、80歳の二人に一人が総入れ歯になっています。それに対してスウェーデンでは、歯を失う主な原因である歯周病や虫歯をしっかり予防することにより、いつまでも歯の健康を維持し続けているのです。

セルフケア「プロによる歯磨きのアドバイス」
大事な歯を守るためには、正しい歯磨きが大切です。
ご自身では毎日しっかり磨いているつもりでも、実際には磨き残しができてしまう場合が多く、磨き方によっては、歯や歯茎を傷めてしまうことも…。当院では、予防先進国であるスウェーデンにて、30年前から実践されている歯磨き方法「スウェーデン式プラークコントロール」を皆様にお勧めしています。スウェーデン方式の教育を受けた歯科衛生士が、患者様それぞれのリスクにあった適切な「スウェーデン式プラークコントロール」を指導いたします。
光照射器
予防歯科治療の内容を具体的にご説明すると、
国民に定期的に歯科医院を受診させて、歯のプロである歯科衛生士が専門の機械を使って
高度なスキルで「磨き残した汚れ」を徹底的に落としたのです。この予防歯科治療を数か月に1度の割合で行ったところ、虫歯や歯周病はみるみる減少。今では虫歯は日本の半分以下、歯周病は日本の1/4以下まで激減しました。このように、数か月に1度の割合で予防歯科治療を受けると、虫歯や歯周病を予防できるということが、スウェーデンの事例から証明されました。日本でも同じように、予防歯科の治療を受けていただければ、虫歯や歯周病を防げる可能性はグッと高まるのです。
2018/10/16(火) 15:45 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
お口の条件を整えて虫歯にならないようにすること、よく手入れされた健康な歯肉を保つことです。
虫歯も歯周病も「生活習慣病」といわれています。虫歯になった歯を治療しても、原因を取り除かずにそのまま放っておいたら、また同じところが虫歯になります。歯周病も、生活習慣を改め、定期的にクリーニングを受けて、原因除去に努めなければ、再発を繰り返してしまいます。
タービン 歯科
なぜ虫歯になったのかを分析する、なぜ歯周病が繰り返されるのかを分析することが必要です。それらの結果をもとに、磨き方が悪かったのなら正しい磨き方の指導を、食生活に原因があれば正しい食事指導を行うことも「予防」です。そして何より「予防」に欠かせないのは、病気の原因となる細菌を除去しお口の状態を良くする、専門家による定期的なケアなのです。

「静かな病気」といわれます。歯周病は自覚症状がほとんどないまま、あなたの知らない間にどんどん病気が進行します。気が付いたらかなり症状が悪化していて最悪の場合、歯を抜かなくてはなりません。定期的に歯科医院で歯周病に対する治療(予防)を受けていただければ、早期発見、早期治療に繋がります。結果としてお口の病気の予防につながるのです。「予防歯科」が歯科治療の主流になっていますが、それは、歯周病治療をしっかり行うことと同じ事です。

歯周病は成人が歯を失う原因第一位の疾患です。また厚労省から指定されている生活習慣病の一つでもあり、歯周病が他の生活習慣病を悪化させている原因であることも解ってきました。歯周病を歯茎の病気であると考えておられる方もいますが、歯周病に罹患すると、歯を支えている組織(歯茎や歯根膜、歯槽骨、セメント質)全体にさまざまな症状が現れます。歯周病と歯槽膿漏の違い“いわゆる歯槽膿漏”と歯周病は同じ病気です。正確には「歯槽膿漏」は「歯周病」が重症化した場合に起こる症状の一つです。
オートクレーブ滅菌
歯周病の原因は?
歯周病の主な原因は、歯磨きが適切に行われなかったことにより、食べかす等の汚れが歯面に付着し、細菌が繁殖することによります。つまり、歯周病は歯周病菌による感染症なのです。

歯垢と歯石の除去
歯周病菌の棲家となる歯垢は毎日の歯磨き等で取り除くことが可能です。しかしながら実際には歯磨きの仕方が適切でないため歯垢を十分に取り除けていないことも多くあります。歯垢は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない「歯石」になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため早めに取り除かなければ歯周病が進行してしまう危険性が高くなります。また歯周病に罹患してしまうと歯周ポケットが深くなり、歯周ポケットに溜まった歯垢や歯石は歯磨きでは取り除く事が難しくなるという悪循環になります。これもまた歯周病を進行させる原因となっています。
2018/10/16(火) 12:22 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
なぜなら、虫歯や歯周病などの病気は初期段階でほとんど自覚症状がなく、痛みなどの症状が出た段階ではすでにかなり進行している可能性があるからです。症状が出てからでは大がかりな治療が必要になり、歯や歯周組織は大きなダメージを受けてしまいます。治療を繰り返せば歯のダメージも蓄積していき、やがて歯を失うことにつながるのです。

若いころは問題がなくても、年齢を重ねるとともに歯を支える顎の骨は衰えていき、それによって歯が抜け落ちてしまうこともあります。あるデータによると、80歳時点の日本人の平均残存数は8本であり、80歳以上の高齢者は2人に1人が総入れ歯を使っているとされています。このように高齢になって歯を失ってしまう大きな理由として考えられるのは、「歯科治療を重ねることによるダメージの蓄積」です。

ここ日本では、歯科診療に関して「予防して虫歯を防ぐもの」ではなく「虫歯になったら歯を削るもの」という考えがいまだに根強くあります。しかし、一度虫歯治療を施した歯は再発を招くリスクが高く、再発した虫歯が周囲の歯もにうつって広がっていく――という「負の連鎖」が起きているのです。実際に、1本の虫歯の治療から歯をすべて失うまでの負の連鎖の例を見ていきましょう。

歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる専用機器・器具を用いて除去することを『スケーリング(歯石除去)』と言います。
歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことはプラーク(歯垢)をしっかりと取ることなのですが、歯石(プラークが石灰化したもの)の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付いたプラークが落ちにくくなります。
歯科器具
スケーリング(歯石除去)することでプラークが付きにくい状態にし、歯周病などを予防し、口腔内を改善させます。歯石は歯磨きでは除去することが出来ない上、90パーセント以上の人にあります。しかも、歯石は一度除去してもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で除去してもらう必要があります。

スケーリングの間隔は、普通の人で3~6ヶ月に1回位が目安です。(ただし、お口の中の状態によりスケーリングの間隔は変わります)また、スケーリングをすればそれでOKというわけではなく、毎日の家庭でのプラークコントロールも非常に重要です。

『セルフケア』とは、歯科医院などで指導を受けた、ブラッシング指導などを、日々ご自身で実践するケア方法をいいます。
光照射器
『プロフェッショナルケア』を受けているから、ご自身でのケアは大丈夫などという事は決してありません。日々の積み重ねが、健康的な歯を長期的に守る一歩になります。『プロフェッショナルケア』と『セルフケア』を併用することで、効果が発揮されます。

歯科医院などでブラッシング指導を受け、自分に合った適切な方法で、日々の歯のお手入れをすることが大切です。そのためにも、自分に合った『予防歯科』のポイントを、歯科医院に指導を受け、正確なセルフケア方法を身に付けましょう。
2018/10/15(月) 15:36 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)