歯周病とは、歯の土台となる骨や歯肉の病気です。歯周病についての正しい知識を知り、毎日のお手入れをきちんと行うことが、歯周病予防の第一歩。大切な歯を守るためにも、歯周病について知ってください。

<こんな方はぜひ歯周病治療を>
・歯肉が腫れている
・歯肉が赤い、または紫がかっている
・口臭がする
・虫歯でもないのに歯がグラグラしている
・歯と歯の間の隙間が大きくなって食べ物がはさまりやすくなった
電気歯髄診断器
歯周病という言葉は知っていても、自分は歯周病ではないと思われている方が多いと聞きます。実は日本人が歯を失う原因のトップが歯周病で、成人の80パーセント以上が歯周病にかかっているのです。歯周病には、次のような一般的な症状があります。「歯ぐきが腫れる・歯がグラグラしてきた・歯ぐきから血が出る・口臭がする」初期症状はほとんどなく、痛みや腫れが伴う頃にはかなり進行しています。

さらに悪化すると歯槽骨が溶け、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯周病は歯周病菌がもたらす感染症が原因ですが、生活習慣とも密接な関わりがあり、特にストレスによる血行不良や喫煙などは最大のリスクファクター(危険因子)ともいわれています。これを防ぐにはプラークコントロールに加え、全身の管理や生活習慣の改善も重要です。
エアーモーター
歯周病を予防するためには?
効果的なブラッシング
歯周病を治療する予防歯科
歯周病予防のファースト・ステップは、毎日の歯みがき(ブラッシング)から始まります。とはいえ、ただ、歯ブラシをあてているだけではあまり効果はありません。患者さまの歯や歯ぐきの状態に合ったブラッシングが必要です。
パルスオキシメーター
当院では大切な歯を虫歯や歯周病から守るために、患者さまのお口に合った歯みがき指導を行っています。また歯のクリーニングで、歯周病の原因となる歯石(歯垢の固まり)を定期的に取り除くことも重要なポイントです。丈夫で健康な歯を守るためにも、数か月に一度の定期的なメンテナンスをおススメしています。
2017/08/17(木) 17:44 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。むし歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯ぐきもとても大切です。歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。

歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。

歯肉部分に炎症が起こった状態です。歯肉が腫れ、歯と歯肉の間にある歯周ポケットにプラークが溜まりやすくなっています。
【治療方法】
毎日の歯磨きや歯科医院でのクリーニングで改善します。

歯周ポケットが深くなり、炎症が歯肉から内部に進行して顎の骨が少し溶け出した状態です。
【治療方法】
毎日の歯磨きに加え、歯科医院での処置が必要です。

歯周ポケットがより深く4~6mm程度となり、顎の骨がさらに溶け出して歯を支えられなくなって歯がグラついてきます。
【治療方法】
歯科医院での外科的処置と投薬による処置が必要です。
超音波スケーラー
歯周ポケットが7mm以上になり、顎の骨が半分以上溶けた状態です。歯のグラつきがひどくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
【治療方法】
歯科医院での外科手術が必要です。顎の骨の再生治療を行い、歯が抜けた場合には入れ歯が必要になります。
エアーモーター
生活習慣の改善
病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなります。十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要です。
2017/08/16(水) 17:33 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
なぜなら虫歯で歯を削ってしまったら二度と元には戻りませんし、一度虫歯や歯周病になってしまうと再発の可能性が高まるからです。また、治療を繰り返せば歯へのダメージは蓄積し、やがて歯を失ってしまうことにつながります。
電気歯髄診断器
予防歯科とは虫歯や歯周病の予防が目的で、歯の健康を保つためのメインテナンス・お掃除として定期検診や歯のクリーニングを受ける診療メニューです。定期検診を受けることで、口腔内の健康を長く保つことができ、歯を失うリスクを下げることができます。生涯にわたりご自分の歯を使い続けるために、予防歯科に積極的に通いましょう。

予防歯科先進国、スウェーデン
日本は世界的に長寿大国ですが、歯の寿命となると、先進国の中で下の方になってしまいます。80歳の時の残在歯数で比べた場合、予防歯科が浸透している、予防歯科先進国のスウェーデンでは約20本ですが、日本人の場合は平均で14本となります。これは、予防歯科が浸透しているか、していないかの違いなのです。

シーラント
奥歯の溝を歯科用プラスチック樹脂で埋める治療法です。生え替わったばかりのお子さまの奥歯には複雑な溝があり、汚れがたまってむし歯になりやすくなっています。シーラントを行うことで食べカスが詰まりにくくなり、むし歯を予防できます。

プラークの染め出し
赤い染めだし液を口に含んでプラーク(歯垢)を染色し、プラークが残っている箇所を調べます。プラークの染め出しをすることで、普段磨き残しをしているところを目で確かめることができます。

ブラッシング指導
自己流のブラッシング方法では、どうしてもみがき残しができるものです。当院では、お口の状態をチェックして、患者様一人ひとりに合わせた歯ブラシの選び方やブラッシング方法を指導します。
マイクロスコープ 歯科
生活習慣指導
日々のブラッシングをはじめ、食事・間食・睡眠・喫煙の有無など、患者さまの生活習慣をおうかがいし、必要に応じて予防のための改善ポイントをアドバイスさせていただきます。

PMTC
専門の機械を使い、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間、歯の表面を洗浄します。ブラッシングでは取れない汚れを除去でき、ツルツルの白い歯になります。
2017/08/15(火) 17:16 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
糖分というと砂糖を思い浮かべがちですが、「糖」は米やパンなど、とても多くの食べ物に含まれている成分です。

虫歯の原因
  虫歯の原因は「歯垢」と呼ばれるものです。良くテレビのCM等で耳にする言葉だと思いますが、プラークとも言います。この歯垢(プラーク)は、ただの食べカスでは無く、非常にたくさんの細菌が集まっているものです。この細菌たちが糖を分解して酸を作り、その酸が歯を溶かす、それが虫歯です。  人間の口の中は、基本的には中性に保たれています。しかし、糖分が口の中に入ると細菌がどんどん酸を作りだし、口の中が酸性になってしまいます。そしてある一定の濃度に達してしまった時、歯は耐えられなくなり溶けてしまうのです。口の中は酸性になった場合、自動的に中性に戻っていくのですが、この時間差が長ければ長いほど歯が溶けて虫歯になってしまうというわけです。
マイクロモーター
C0(初期虫歯)
歯の表面が溶け始めた状態で、自覚症状はありません。健康な歯の表面は透明感がありますが、脱灰が起こると、その部位が白っぽくなるのが特徴的です。適切な歯みがきや、フッ素塗布などにより進行が防げるので、治療として歯を削る必要はありません。

C1
初期の虫歯で、痛みはありません。虫歯を取り除き、樹脂の材料を詰めるという簡単な治療で終わります。歯科検診を定期的に受けるなどして、ごく初期の段階で虫歯を見つけることが大切です。

C2
虫歯が象牙質まで達すると進行も早く、神経に近づくにつれ、冷たいものがしみ、痛みを感じます。治療は、まず虫歯部分を取り除き、型取りをして、インレーという部分的な詰め物をセットします。

C3
虫歯が神経まで達した状態で、熱いものがしみたり、何もしないのに激しい痛みを伴います。この段階では、神経を取り除く治療が必要になります。根管治療には、針の形をした専用の器具を用いて治療を行っていきます。その後歯を作っていくので、治療回数と時間、費用がかかります。
パルスオキシメーター
C4
虫歯で歯がなくなり、根っこだけになった状態です。激しい痛みがしばらく続いた後も虫歯を放置すると、やがて痛みがなくなる段階がきます。C4まで虫歯が進行すると、痛みを感じる神経そのもの壊死してしまうので、痛みを感じなくなるのです。この状態をさらに放置すると、根に膿みを持つようになり、こうなると強烈な痛みを感じるようになります。この段階まで虫歯が進行してしますと、治療の際に麻酔も効きにくくなり、保存治療(歯を残す治療)も困難になる場合があります。
2017/08/14(月) 17:25 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 「いったん歯周病にかかってしまったら、自然に治ることは期待できません。
しかも、放っておくと、歯肉や骨組織がどんどん破壊されていきます。本人に自覚症状が出てくる頃にはかなり重度の症状まで進行しており、深刻な問題になります。このようにして進行する歯周病は、歯を失う原因の中でNo.1と言えます。
生体情報モニター
歯ぐきに赤く腫れた部分がある。
口臭がなんとなく気になる。
歯ぐきがやせてきたみたい。
歯と歯の間にものがつまりやすい。
歯をみがいたあと、歯ブラシに血がついたり、すすいだ水に血が混じることがある。
歯と歯の間のはぐきが、鋭角的な三角形ではなく、おむすび形になっている部分がある。
ときどき、歯が浮いたような感じがする。
指でさわってみて、少しグラつく歯がある。
歯ぐきから膿が出たことがある。

チェックがない場合
これからもきちんと歯みがきを心がけ、少なくとも1年に1回は歯科検診を受けましょう。
チェックが1~2個の場合
歯周病の可能性があります。まず、歯みがきのしかたを見直しましょう。
念のため、かかりつけの歯科医院で、歯周病でないかどうか、歯みがきがきちんとできているか、確認してもらったほうがよいでしょう。
チェックが3~5個以上の場合
初期あるいは中等度歯周炎以上に歯周病が進行しているおそれがあります。
早めに歯科医師に相談しましょう。

レントゲン検査
レントゲン撮影により、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)の量を調べます。歯周病は顎の骨が溶かされて(吸収されて)いく病気なので、歯の根が植わっている骨の量が少ないほど歯周病が進行していることを意味しています。また、骨の質もレントゲンで調べることができます。骨の密度が小さいとレントゲン写真では黒っぽく写りますが、骨の密度が大きいところはより白く写ります。歯周病から回復してくると、骨の密度が増し、歯の動揺もおさまってきます。
マイクロスコープ 歯科
かみ合わせ検査
歯周病にかかって弱っている歯に強い力が集中すると、歯周病の進行を早めてしまうことがあります。歯並びの状態や、歯ぎしりで負担がかかっている歯はないか等、かみ合わせを調べます。必要に応じて矯正治療を行う場合があります。

スケーリング・ルートプレーニング
歯科衛生士が、スケーラーで歯周ポケット内部の歯の表面に付着した歯垢・歯石をとり、歯の表面をキレイにする方法です。
2017/08/11(金) 16:43 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
そんな新しいスタイルの歯科治療を予防歯科といいます。虫歯をつくらないことが何よりの歯科治療だと考え、定期的なメンテナンスで歯のクリーニングを行っていただくことをおすすめしています。治療後も虫歯が再発してしまう方や、しっかりと歯磨きをしているはずなのに虫歯になりやすいという方は、是非歯科医院で予防歯科をお受けください。

フッ素塗布
フッ素は、歯質を強くして酸の発生を抑えて、むし歯を予防する効果があります。市販の歯みがき剤にもフッ素が含まれていますが、歯科医院で扱っているフッ素は濃度が高く、より高い予防効果が期待できます。

ブラッシング指導
患者さん一人ひとりによって異なる口腔内の状態を、口腔衛生のプロフェッショナルである歯科衛生士がチェックします。セルフケアではみがき残してしまっている部分などを把握。そのうえで一人ひとりの患者さまに合ったブラッシング法をアドバイスいたします。

PMTC
「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科医師や歯科衛生士などのプロフェッショナルが、専用の器械を用いて行う歯のクリーニングのこと。毎日の歯磨きでは落とせないプラークや歯石を徹底的に落としきります。3ヶ月に1度のPMTCをお勧めします。
コントラ 歯科
咬み合わせチェック
咬み合わせが乱れていると、歯磨きが行き届かず虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります。また咀しゃくの不具合によって、顎関節症や頭痛、肩こりなどを起こすことも。咬み合わせをチェックし、問題があれば矯正治療などによって改善を図ります。
マイクロスコープ 歯科
予防歯科の重要性について
「歯医者は、むし歯や歯周病になったときに治療を受けるために行くところ」というお考えの方がまだまだ多いのが現状です。むし歯にかかると治療のたびに歯を削られ、少しずつ歯を失うことになるし、痛みや治療費用などの負担も増え続ける一方です。
治療が必要になったら歯医者に行くということは、“わざわざ悪くなるのを待つ”ということです。つまり、治療と再発のくり返しです。お口の健康を維持するためには、悪くなるのを待ってから治療するのではなく、“悪くならないように予防する”ことが重要なのです。
2017/08/10(木) 16:33 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)