歯周病は、日本人の成人の約8割が「かかっている」もしくは「予備軍である」とされているほどたくさんの方に蔓延している、とても身近な病気です。初期段階では目立った症状はありませんが治療せずに放置していると、最後には抜け落ちてしまうため、注意が必要です。歯周病は、「自分には関係ない病気」ではありません。

近年、厚生労働省の調査によると、日本人の約8割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。歯周病の恐ろしさは、初期段階では自覚症状がほとんどとないこと。歯のぐらつきや、歯ぐきからの出血などの症状が現れたときにはかなり進行していて、すでに手遅れという場合がほとんどです。驚くことに、40才以上の5人のうち4人は歯周病にかかっているといいます。もはや、歯周病は「国民病」と言えるのかもしれません。

歯周病は、口の中の細菌が引き起こす感染症の一種 です。歯と歯肉の間から侵入した歯周病の原因菌が 歯肉の炎症を起こし、さらに進行すると歯を支える 歯槽骨(しそうこつ)が溶けてしまいます。この際、歯周病菌への感染に大きな役割を果しているの が歯垢(プラーク)なのです。
電気歯髄診断器
歯垢は、虫歯の原因菌「ミュータンス菌」が栄養分として 糖を分解した際に作るネバネバ物質に、口の中のさまざまな細菌が棲みついて形成されます。このネバネバした歯垢は、うがい程度では落ちにくく、消毒薬や抗菌剤が効きにくいのが特徴です。さらに、外部に有害な物質を放出することで、歯肉の炎症を引き起こします。そのため、歯磨きの際に歯垢の磨き残しがあると、そこから歯周病菌への感染が始まるのです。

毎日歯磨きしていても汚れは溜まる!?定期的「PMTC」のすすめ
Professional Mechanical Tooth Cleaning
「いつもの歯ブラシでは落せない汚れがあることをご存知ですか?」PMTCとは、プロによる歯のクリーニングのことを言います。専用の器具を使って、歯面に付着した歯垢や汚れを徹底的に落としていきます。
超音波スケーラー
毎日知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や、ハブラシでは落としきれない汚れの塊(バイオフィルム)、歯面の着色などを除去してキレイに磨き上げ、ツルツルの歯に仕上げます。ブラシやゴムなどの柔らかい材質の器具を使用するため、痛みも無く心地よい刺激で眠ってしまう方もいらっしゃるほどです!
2017/10/20(金) 16:09 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
現在、歯科治療における審美性の追求は、患者さんと歯科医にとって重要かつ一般的なテーマとなって来ました。また、金属に対する生体親和性、金属アレルギーが問題になって来ている昨今、お口の中から金属を一掃するメタルフリーの方向になってきました。

美しく仕上がった白い歯が患者さんのお口の中でその機能を果たし自信に満ちた笑顔を取り戻すことで若々しく見えます。もともと口の中は白く明るい所です。口の中をもとの白く明るい状態に戻し、さらには美しく自然な状態にする治療です。

<保険の材質>
現在の保険制度で使用できる、歯の色と同じような色の素材が、レジン(プラスチック)です。強度の問題から、レジンの歯は犬歯から犬歯の間(上下で12本)にしか適用されません。材質的な特性としては、透明感がないこと、水分を吸収するため時間と共に変色すること等が挙げられます。またプラスチックは磨耗しやすく内部の金属が表に出る可能性があります。一時的に入れる歯としては充分ですが、変色や着色を嫌う方、口元に美しさを求める方には不向きです。

<自費の材質>
最も歯に近く理想的だといわれているものが、セラミック(陶材)です。セラミックは、自然の歯のように透明感があり、水分を吸収しないため変色も起こりません。また色調の再現性に優れています。セラミックの中には幾つかの種類があります。
ニッケルチタンファイル
オールセラミック
金属をまったく使用しないため、光が金属に遮断されることなく、天然歯のような透明感を再現します。自然な透明感と美しい色艶を高いレベルで再現するため、光があたる前歯に用いることで最大のパフォーマンスを発揮します。治療の際はファイバーコアを用い、金属は一切使わないため歯肉が黒ずんでしまうこともなく、身体に優しい治療法といえます。金属アレルギーの方にも最適です。
歯の模型
ハイブリッドセラミック
セラミックに少量のレジン(プラスチック)を混ぜることで、セラミックに適度な弾力性を持たせたハイブリッド素材です。金属がかぶせ物の中にある点は、メタルボンドと同じです。メタルボンド同様、セラミックならではの美しく自然な仕上がりを期待できる一方、レジン(プラスチック)が少々混ざるため、長期的にはやや変色する可能性があります。また、メタルボンドよりも若干透明感が落ちると言われています。金属を使用するため、金属アレルギーの方にはお勧めできません。
2017/10/19(木) 17:35 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
歯周病にかかっている人の割合は25歳から34歳の成人で75%、35歳から64歳で80%となっています。歯周病の多くは、原因であるプラークや歯石を、日頃の歯磨きや定期検診などを受けることにより除去することで予防することができます。
エアータービン
歯周病の原因は?
プラーク
歯周病の1番の直接的な原因はプラークです。プラークとは、虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、プラーク1㎎のなかに約1億個の微生物がいるといわれております。

歯石
通常の歯磨きではとれません。この歯石の上にどんどんプラークがたまります。

タバコ
タバコを吸っている人は血流が悪くなり、歯周病が進みやすく、炎症がおきてしまうとなおりづらく、プラークもつきやすくなり、歯肉の色も黒ずんできます。

糖尿病
身体の抵抗力が低下するため、歯周病も急速に悪化させるといわれています。 その他、ストレスや妊娠・更年期、食生活、噛み合わせなど様々な要因があります。

歯周病の治療法
SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
スケーラーという器具を使って、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の中のプラークや歯石を取り除く処置です。最後に汚れがなくなってデコボコになった歯根面をなめらかにみがき上げ、汚れの再付着を予防します。
口腔内カメラ
歯周内科治療
位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡を用いて、お口の中の歯周病菌の種類や数を特定し、それに合った内服薬を処方することで治癒に導く治療です。

虫歯や歯周病には初期に自覚症状がないため、自分では発症に気づきにくいものです。そこで当院では「定期検診」をおすすめします。歯は痛くなってから治療するものではなく、「治療する前に予防する」という予防歯科にも通じる考え方です。定期健診は、治療後の健康な口腔内状態の維持や歯周病などの再発防止に大変役立つだけでなく、口内状態の変化をいち早く発見して、早期治療を施すこともできるのです。
2017/10/19(木) 16:49 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
矯正治療は、子どもが行うものというイメージがあるかもしれませんが、大人でも可能です。

矯正治療の流れ
初期相談(カウンセリング)
患者さんの口腔内を拝見し、矯正治療の概要についてご説明します。患者さんの不安が解消されるまで丁寧にご説明しますので、お気軽にご相談ください。気になっていることやご希望などがありましたら、遠慮なくご質問ください。

精密検査
診断に必要なレントゲン撮影や、歯や顎の位置関係などを検査します。痛みを伴う検査はありませんので、どうぞご安心ください。

診断、説明
検査結果をもとに治療プランを立案します。患者さんにご理解・ご納得いただけるよう、分かりやすく丁寧にご説明いたしますので、ご遠慮なくご質問いただき、不安や疑問を解消してください。

矯正装置の装着(治療開始)
治療プランにご納得いただきましたら、治療を開始します。装着後は3~8週間に1回のペースでご来院いただき、ワイヤーの交換や微調整を行います(装置の種類によります)。
また、装置の装着中は歯みがきが難しくなり、ケアが不十分になりがちです。口腔内をクリーンに保つための正しい歯みがき方法についてご説明します。
マイクロモーター
保定(メインテナンス)
矯正装置を外し、保定に移ります。矯正装置を外した歯は、そのままにしておくと少しずつ動いて元に戻ってしまいますので、保定装置を装着することで理想的な位置に安定させるのです。2~6ヶ月に1回のペースでご来院いただき、経過を診ていきます。
超音波スケーラー
目立たない矯正
取り外し式の透明な”マウスピース”を用いておこなう矯正治療です。個人差はありますが、通常4ヶ月~6ヶ月程度です。やわらかい装置と硬い装置を2週間おきに交互に装着します。その過程を3~4回ほど繰り返します。ワイヤーを使用しないため、従来の矯正器具に比べると見た目は付けているのがほとんどわかりません。不正咬合を治療するため患者さんひとりひとりのために専門の歯科技工所でカスタムオーダーで製造されます。
装置自体は装着していて、見た目はほとんど目立たない上、取り外すこともできます。
2017/10/17(火) 16:59 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないため、気づいていない方が多いのが特徴です。
口腔内カメラ
歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状ということになります。

こんな症状は、歯周病のサインです!
ブラッシング時、歯ぐきから出血する
 口臭を指摘されたことがある
 歯ぐきからウミが出ることがある
 朝起きたとき、口の中が気持ち悪い
 歯ぐきが腫れたり痛んだりする事がある
 歯がグラグラと動く
 歯ぐきがむずがゆい
 食べ物が歯の間に良く挟まる 
昔よりも歯が長くなった
マイクロモーター
歯周ポケットについて
みなさんは「歯周ポケット」という言葉を聞いたことはありますか?
歯と歯茎のすき間のことで、健康な状態ではその深さが0~2㎜程度です。しかし、歯周病で歯茎が炎症を起こしたり、あごの骨が溶けたりすると歯周ポケットはどんどん深くなっていきます。歯周ポケットが4㎜以上だと確実に歯周病が進行していると考えられ、6㎜以上になると重度の歯周病だと言えます。この深い歯周ポケットにたくさん歯石がたまり、歯周病菌の温床にもなってしまいます。


歯周病にならないために
ご家庭でできること
自分に合った正しいブラッシング方法を見つけましょう。
規則正しい食習慣を身に付け、生活習慣を改善していきましょう。

歯科医院でできること
歯周病は痛みや出血など、自覚症状がでてからでは治療に時間と費用がかかります。
定期的な検診を受け、衛生士によるブラッシング指導と歯の掃除をしてもらいましょう。
2017/10/17(火) 16:00 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
歯周病はどうやって治療するの?
歯周病は歯茎の炎症から始まり、のちに進行すると骨を溶かしていきます。歯茎の炎症だけの段階であれば十分に治る可能性がありますが、ひとたび骨が溶けだしてしまうと、溶けた骨は戻ってくることはなく、元通りに治ることはありません。ですので、いかに進行を止めるかが大事になってきます。
スケーラー 歯科
具体的には、まずプラークコントロールといって歯と歯茎の周囲の歯垢をきっちりとブラッシングで取ることが重要です。これが日常的にしっかりできていないと、いくら歯科医院で治療を行っても無意味です。

歯垢がしっかり取れるだけでも歯茎の炎症は落ち着きを見せ始めます。歯科医院では歯ブラシで取ることのできない歯石を機械や器具で取っていきます。歯石とは歯垢が唾液のミネラル成分で固まってしまったもので、それ自体は無毒化していますが、その凹凸に入り込んでいる歯垢が悪さを起こしますので、その足掛かりになる歯石はしっかりと取らなければなりません。

歯周病の治療のしかた
【診査・診断・状況のご説明】
お口の中を詳しく検査します。歯と歯茎の境目(歯周ポケット)の深さ、歯を支える骨(歯槽骨)の状態を見るためのレントゲン撮影、お口の中の清掃状態、かみ合わせの状態、歯軋りの有無、全身疾患などをお調べし、分析します。

【歯ブラシのご指導(プラークコントロール)】
まずは歯ブラシのご指導です。歯周病原性細菌が増える一番の原因は歯垢(プラーク)です。これをこまめに取り除いてあげて、お口の中の細菌が増えないようにしなければなりません。毎日の患者様ご自身の歯ブラシがあって、はじめて歯周病に打ち勝つ事ができます。お口の中は患者様一人ひとり異なりますので、ご指導の際はお口の中をご説明させていただきご理解をしていただきながら患者様にあった磨き方、道具でご指導をさせていただきます。

【歯石の除去】
次は歯石の除去です。軽度の場合ですと、超音波の振動を利用した器具を用いて歯石をお取りします。中等度から重度の場合は歯茎の深いところまで歯石がついているので、除去する際に痛みを伴う事があります。そのため歯肉に麻酔をして歯石をお取りしていきます。このとき歯の根の面にも細菌の毒素が付着している事があるので、根の面を一層研磨していきます。
生体情報モニタ
【再評価・外科的な処置】
歯石の除去後、治り具合を見るためにもう一度お口の中を精査します。まだ歯周ポケットが深い場合は、患者様とご相談の上、外科的な歯周病のための処置を行います。また歯周組織再生誘導法などもこの段階で行います。
2017/10/16(月) 16:10 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)